動物

必要なペット用品がある|揃えておくべきものたち

家族同然の供養を

ペット葬儀

犬や猫以外の動物も

最近は、ペットを家族同然として扱う方も増えてきています。ペットの死後、庭や空き地に埋葬するだけではなく、火葬してペット霊園に納骨するサービスも提供されています。犬や猫等の中型のペットのみならず、ハムスターや小鳥等の小型の動物等、多種多様なペットに対応しています。一般的な火葬場では、ペット火葬は不可能なので、通常はペット専用の火葬場もしくは移動火葬車を用いてのサービスになります。人間同様、個別に火葬する事や、他のペットと合同で火葬する事も出来ます。ペット火葬後、希望すればペット専用の霊園等に納骨する事も可能ですし、骨壺に入れて手元に置いておく事も出来ます。霊園では個別の納骨堂もあれば、合同葬も行えます。

一人暮らしのペット供養も

ペット火葬で最も判断が分かれるのが、他のペットと合同で火葬するか、個別に火葬するかだと思います。それらが決まれば、後はペット火葬サービスを提供している業者や霊園を検索すれば、比較的簡単に手続きを行う事が出来ます。また、基本的に火葬の立ち会いやお骨上げの有無を選ぶ事が出来るので、時間が無い場合はペットの遺体の引き取り時のみの立ち会いで、お骨を引き取る事が出来ます。特に一人暮らしの方のペットは、飼い主の生活に合わせてペット火葬を行う事が出来るので、非常に便利です。それらのサービスにより、料金が大きく異なるので、気持ちと予算と時間を冷静に判断しつつ、個別に問い合わせる必要があります。全国的にネットワークを持っている業者も多数あるので、引越しの際も安心です。